機能性脂質の生体調節作用に関する研究

機能性脂質の生体調節作用に関する研究

レコードナンバー926032論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名財満 信宏
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ71巻・ 6号, p.275-281(2018-12)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (1864KB) 
抄録腹部大動脈瘤(AAA)は,腹部大動脈の進行的な拡張を特徴とする疾患であり,その瘤径が拡張するにつれてAAA破裂の危険性が増す。AAAの発症や破裂に至る機構は完全には解明されておらず,現時点ではAAAの治療薬は存在しないが,近年,エイコサペンタエン酸などの機能性脂質を豊富に含む魚油の投与がAAAの進展と破裂の予防に効果的である可能性が示されてきた。我々は,栄養血管の狭窄による血管壁の循環不全がAAA形成の原因となりうることと,血管壁に異常出現する脂肪細胞がAAA破裂の原因となりうることなどをヒトAAA病理解析とモデル動物を用いた解析によって明らかにしてきた。本総説では,AAAの病理解析に用いた生体分子イメージング法である質量分析イメージング法の概説と,これまでの研究から推測されたAAAの発症や破裂に至る機構,予防・治療の可能性について議論する。
索引語AAA;破裂;機能性脂質;研究;拡張;AAA破裂;発症;機構;予防;可能性
引用文献数28
登録日2019年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat