高温高圧調理殺菌装置の殺菌特性(2)

高温高圧調理殺菌装置の殺菌特性(2)

レコードナンバー926447論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034070NACSIS書誌IDAA12170965
著者名栗林 剛
書誌名長野県工業技術総合センター研究報告 = Research reports of Nagano Prefecture General Industrial Technology Center
発行元長野県工業技術総合センター
巻号,ページ13号, p.208-210(2018-10)ISSN18813119
全文表示PDFファイル (8984KB) 
抄録高温高圧調理殺菌装置を使用して大豆水煮を試作した。熱水スプレー式で同程度のF0値になるように,120℃処理と115℃処理を行ったところ,115℃処理の方が,破断強度,破断エネルギが小さくなることが認められた。
索引語処理;高温高圧調理殺菌装置;熱水スプレー式;殺菌特性;使用;大豆水煮;試作;破断強度;破断エネルギ
引用文献数1
登録日2019年06月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat