希少糖比色定量法の再確認と微生物スクリーニングへの応用

希少糖比色定量法の再確認と微生物スクリーニングへの応用

レコードナンバー926819論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013930NACSIS書誌IDAN00038339
著者名森本 兼司
鈴木 琢磨
書誌名香川大学農学部学術報告
別誌名Technical bulletin of Faculty of Agriculture, Kagawa University
Kagawa Daigaku Nôgakubu gakujutsu hôkoku
発行元香川大学農学部
巻号,ページ71巻・ p.33-36(2019-02)ISSN03685128
全文表示PDFファイル (1187KB) 
抄録ケトース発色試薬の1つであるSi(IV)-Mo(VI)溶液による希少糖の発色特性(SiMo法)について調べた。本試薬はD-プシコース以外のケトースに対して速やかに発色を示した。これまで問題となっていたD-フルクトースとD-プシコースの比色法による区別を可能にする方法であることがわかった。すなわち,D-プシコースを基質としてケトース3-エピメラーゼ反応により生じたD-フルクトースをSiMo法によって他検体を同時にかつ容易に分析することが可能となった。本法を用いて土壌サンプルより上記酵素を有する微生物のスクリーニングを試みたが陽性株は得られなかった。ポジティブコントロールでは発色が認められたため,本法はケトース3-エピメラーゼ活性の検出に欠かせない方法になるだろう。
索引語フルクトース;プシコース;発色;SiMo法;方法;本法;ケトース;用いて土壌サンプル;希少糖比色定量法;再確認
引用文献数12
登録日2019年07月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat