マツ材線虫病診断法の変遷

マツ材線虫病診断法の変遷

レコードナンバー926846論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
論文副題潜在感染木への適用可能性
著者名竹内 祐子
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ101巻・ 1号, p.17-25(2019-02)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (800KB) 
抄録目の前にマツがある。立木でも丸太でもいい。果たしてこれは,マツ材線虫病キャリアだろうか。防除現場における伐倒駆除対象木の選定に際して,あるいは港・空港など梱包材を含むマツ材を輸出・輸入する水際で,マツ材線虫病診断が求められる場面は多い。マツ材線虫病をはじめとする樹木病害の症状は一般に重複していることが多く,厳密に診断を行うためには病原体の検出・同定が必要となる。本病においても,1971年に病原体がマツノザイセンチュウ(Bursaphelenchus xylophilus)という線虫であると特定されて以降,診断対象から病原体を分離し,あるいは分離せずに検出し同定するための手法が様々に開発されてきた。本稿ではマツ材線虫病の診断法,言い換えればマツノザイセンチュウの検出同定法の歴史を紹介し,各法の長所・短所を概説するとともに,明確な外部病徴を伴わないいわゆる潜在感染木への適用可能性について実際の調査事例を交えながら検証する。
索引語潜在感染木;マツノザイセンチュウ;病原体;適用可能性;マツ材線虫病;検出;同定;分離;マツ;伐倒駆除対象木
引用文献数85
登録日2019年07月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat