マツ枯れ進展における潜在感染木の役割に関する数理的研究

マツ枯れ進展における潜在感染木の役割に関する数理的研究

レコードナンバー926848論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20018854NACSIS書誌IDAA12003078
著者名高須 夫悟
書誌名日本森林学会誌
別誌名日林誌
J. Jpn. For. Soc.
発行元日本森林学会
巻号,ページ101巻・ 1号, p.30-34(2019-02)ISSN13498509
全文表示PDFファイル (1949KB) 
抄録マツ材線虫病は100年以上にわたって深刻な森林病害であり,植物病理学,昆虫学,森林生態学などの実証的研究に加え,数理モデルを用いた数理的視点に基づく研究が精力的に展開されてきた。マツノザイセンチュウに感染しつつも感染当年には発病枯死しないマツの存在は以前から知られており,このようなマツの存在がマツ枯れ防除をすり抜けて被害拡大の重要な要因になり得る可能性が指摘されている。本研究は,センチュウに感染した翌年に発病枯死するマツを潜在感染木と限定して用い,潜在感染木の存在が健全マツとカミキリの個体群動態に及ぼす影響を数理的に解析する。特に,潜在感染木がカミキリを誘引して健全マツとの接触回数を増加させる効果がマツ枯れ進展にどのように影響するのかに注目した数理的解析を行う。解析結果から,1) 感染後の発病枯死が1年遅れる時間遅れの効果自体はマツ枯れ進展に大きく影響しないこと,2) 潜在感染木がカミキリを誘引して健全マツとの接触回数を高める効果(誘引効果)がマツ枯れ進展に大きく影響すること,が明らかになった。本モデルで仮定した誘引効果の実証的な測定・検証が求められる。
索引語潜在感染木;マツ枯れ進展;カミキリ;マツ;影響;発病枯死;存在;健全マツ;感染;効果
引用文献数16
登録日2019年07月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat