水耕栽培におけるトルコギキョウ立枯病のベノミル水和剤処理による防除

水耕栽培におけるトルコギキョウ立枯病のベノミル水和剤処理による防除

レコードナンバー926852論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014149NACSIS書誌IDAN0019269X
著者名佐藤 衛
福田 直子
書誌名日本植物病理學會報 = Annals of the Phytopathological Society of Japan
別誌名Japanese journal of phytopathology
日本植物病理学会報
発行元日本植物病理學會
巻号,ページ85巻・ 1号, p.18-24(2019-02)ISSN00319473
全文表示PDFファイル (1314KB) 
抄録トルコギキョウの水耕栽培の安定生産を目的とし,立枯病の発生を抑え,なおかつ栽培終了時において,処理した薬剤の養液内における薬効成分が不検出となる施用方法の検討・試験を行った。その結果,ベノミル水和剤の500倍または1000倍液を200穴セルトレイ1枚当たり500ml灌注後,翌日にトルコギキョウを定植することにより,立枯病の発生を抑制することが可能となり,なおかつ栽培終了時の養液において,薬効成分およびその分解産物が不検出となった。同様の試験を2ヵ年に渡り実施した結果,同様の病害防除効果が得られ,薬効成分およびその分解産物が不検出となり,ベノミル水和剤処理が養液栽培におけるトルコギキョウ立枯病の防除に有用であることが明らかとなった。
索引語トルコギキョウ立枯病;トルコギキョウ;立枯病;薬効成分;検出;防除;水耕栽培;ベノミル水和剤処理;発生;試験
引用文献数24
登録日2019年07月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat