食品加工処理を施した発芽落花生における機能性成分調査

食品加工処理を施した発芽落花生における機能性成分調査

レコードナンバー926958論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20013102NACSIS書誌IDAA11990205
著者名藤枝 正之
大垣 佳寛
宮城 淳
書誌名千葉県産業支援技術研究所研究報告 = Reports of Chiba Industrial Technology Research Institute
発行元千葉県産業支援技術研究所
巻号,ページ16号, p.3-7(2019-02)ISSN13488457
全文表示PDFファイル (1663KB) 
抄録千葉県の特産品である落花生に新たな付加価値(機能性)を持たせた製品(発芽落花生の加工品)の試作を行い,機能性成分等(総遊離アミノ酸,スクロース,総ポリフェノール等)の加熱加工処理による消長を調査した。落花生の発芽前後で総遊離アミノ酸等の成分が増加し,加工処理(焙煎,蒸煮,レトルト)の方法の違いにより,成分減少の程度に違いがあることが分かった。
索引語発芽落花生;落花生;総遊離アミノ酸;違い;スクロース;発芽前後;成分;加工処理;食品加工処理;機能性成分調査
引用文献数5
登録日2019年07月10日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat