大阪府羽曳野市における過去48年間の気温変化とブドウ‘デラウェア’の発育との関係

大阪府羽曳野市における過去48年間の気温変化とブドウ‘デラウェア’の発育との関係

レコードナンバー927288論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名上森 真広
三輪 由佳
磯部 武志
細見 彰洋
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ18巻・ 2号, p.133-138(2019-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (373KB) 
抄録大阪府羽曳野市において,長期的な気温変化が露地栽培のブドウ‘デラウェア’の発育に及ぼす影響を明らかにするため,1963年から2010年までの48年間に渡る気温と発芽日,満開日との関係を一般化線形モデル(GLM)により解析し,赤池情報量基準(AIC)によるモデル選択によって各関係を評価した。本調査地において気温の上昇傾向が認められた。48年間で発芽日,満開日はともに早期化していた。AICによるモデル選択の結果,発芽日には2月平均気温,3月平均気温,4月平均気温が関与しており,2月平均気温,3月平均気温の上昇により発芽日が早期化していることが示唆された。一方,満開日には4月平均気温,5月平均気温が関与しており,その早期化は,発芽日の早期化と5月平均気温の上昇の影響を受けていることが示唆された。以上より,大阪府羽曳野市のブドウ‘デラウェア’の発芽日は2月,3月の気温上昇,満開日は発芽日の早期化と5月の気温上昇の影響を受けて早期化していると推察された。
索引語発芽日;早期化;ブドウ;デラウェア;2月平均気温;3月平均気温;4月平均気温;5月平均気温;気温上昇;気温
引用文献数22
登録日2019年08月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat