ウリ科作物(スイカ,キュウリ)の断根挿し接ぎ育苗時におけるLED光照射の効果

ウリ科作物(スイカ,キュウリ)の断根挿し接ぎ育苗時におけるLED光照射の効果

レコードナンバー927329論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017424NACSIS書誌IDAA1138913X
著者名田崎 義孝
葛西 正則
長谷川 雅明
遠藤 昌伸
書誌名新潟県農業総合研究所研究報告 = Journal of the Niigata Agricultural Research Institute
発行元新潟県農業総合研究所
巻号,ページ17号, p.25-39(2019-03)ISSN13449206
全文表示PDFファイル (5681KB) 
抄録ウリ科作物(スイカ・キュウリ)の断根挿し接ぎ木法に対する人工光利用として、接ぎ木前および養生時における光照射が接ぎ木苗の活着および生育に及ぼす影響を調べた。昼白色LEDランプを光源とする接ぎ木前照射は、寡日照の環境条件下において葉色および乾物重の増加と穂木の奇形葉発生の軽減に効果が見られた。さらに、養生時照射は、接ぎ部の癒合と台木の不定根発生を促進する効果と共に、穂木又は台木の子葉に生じる褐変や黄化を軽減する効果が見られた。光合成有効光量子束密度(PPFD)は、接ぎ木前では40μmol・m-2・s-1、養生時では10μmol・m-2・s-1の弱光による各3日間の連続照射で十分な効果が得られた。
索引語効果;ウリ科作物;スイカ;キュウリ;台木;穂木;軽減;昼白色LEDランプ;光源;接ぎ木
引用文献数14
登録日2019年08月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat