骨代謝における食事と運動の有用性に関する研究

骨代謝における食事と運動の有用性に関する研究

レコードナンバー927343論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名石見 佳子
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ72巻・ 2号, p.71-77(2019-04)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (2237KB) 
抄録我が国においては,健康寿命の延伸を目的として,種々の健康施策が遂行されている。中でも骨の健康を維持するための食事と運動は,健康寿命の延伸のための重要な因子である。著者らは,これまでに,骨の健康維持を目的とした生活習慣について科学的根拠を蓄積してきた。まず,骨芽細胞並びに破骨細胞形成系を用いて食品成分のスクリーニングを行い,ビタミンA及びビタミンK誘導体,大豆イソフラボン等が有用である可能性を示した。次に,弱いエストロゲン様作用を示す大豆イソフラボンに着目し,骨粗鬆症モデル動物を用いて安全性及び骨代謝における有効性評価を行うとともに,走運動との併用効果を示した。また,健常閉経後女性を対象に同様の介入試験を実施し,両者の併用効果を明らかにした。他方,大豆イソフラボンの腸内代謝産物であるエクオールの産生を高める食品成分を探索し,難消化性糖質の有用性を明らかにして骨の健康維持に役立つ食事メニューを提案した。これらの研究成果が,高齢者を対象とした健康施策の一助となれば幸いである。
索引語骨;食事;運動;有用性;健康寿命;延伸;健康施策;健康維持;大豆イソフラボン;健康
引用文献数28
登録日2019年08月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat