黒毛和種牛における発情発見方法と分娩率との関連性

黒毛和種牛における発情発見方法と分娩率との関連性

レコードナンバー927427論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038563NACSIS書誌IDAA12483687
著者名紀野 瑛里奈
上松 瑞穂
北原 豪
大澤 健司
佐々木 羊介
書誌名産業動物臨床医学雑誌 = Japanese journal of large animal clinics
発行元日本家畜臨床学会
巻号,ページ9巻・ p.207-210(2019-03)ISSN1884684X
外部リンク
全文表示PDFファイル (206KB) 
抄録本研究の目的は,黒毛和種牛における発情発見方法と分娩率との関連性を分析することである。宮崎県に所在する黒毛和種牛の繁殖農場272戸を対象として,発情発見方法に関するアンケート調査を実施し,各発情発見方法の実施手段と分娩率との関連性および複数の発情発見方法の組み合わせと分娩率との関連性を分析した。発情発見の各方法に関して,実施農場と非実施農場との間で分娩率を比較したところ,発情発見方法として鳴き声を用いている農場が用いていない農場よりも分娩率が高かった(53.1±0.9% vs. 50.2±0.9%; p<0.05)。また,発情発見方法が「粘液のみ」であった農場は,「粘液and行動and鳴き声」または「粘液and鳴き声」の組み合わせで実施している農場よりも分娩率が低かった(p<0.05)。結論として,本研究では牛の鳴き声を発情発見の一つとして用いることが分娩率と関連しており,発情の見落としや遅れを防ぐために,個々の牛に対する観察に十分な時間をかけることが繁殖成績を向上させるうえで重要であることが示唆された。
索引語分娩率;農場;発情発見方法;関連性;黒毛和種牛;発情発見;実施;鳴き声;牛;本研究
引用文献数3
登録日2019年08月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat