流水中に設置したシート状熱交換器の熱交換特性と農業用水路への設置方法

流水中に設置したシート状熱交換器の熱交換特性と農業用水路への設置方法

レコードナンバー927490論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20551324NACSIS書誌IDAA12778680
著者名後藤 眞宏
奥島 里美
三木 昂史
高杉 真司
舘野 正之
小間 憲彦
木村 繁男
小松 信義
書誌名農研機構研究報告. 農村工学研究部門 = Bulletin of the NARO, Rural Engineering
別誌名農村工学研究部門研究報告
Bull. NARO, Rural Eng
発行元農業・食品産業技術総合研究機構農村工学研究部門
巻号,ページ3号, p.29-41(2019-03)ISSN24326674
全文表示PDFファイル (5200KB) 
抄録農業用水路を模した実規模水理模型にシート状熱交換器を設置して,水理条件や設置方法の違いによる熱交換特性を計測した。熱交換特性は,熱交換器と流水の温度差1K当たりの熱交換量を熱交換可能な面積で除した値である熱通過率を用いて評価した。流水条件下での最大の熱通過率は0.255kW/(K・m2)で,土中設置の0.017kW/(K・m2),スリンキー式の0.01kW/(K・m2)よりも高い性能を示した。熱通過率は水路内流速の増加に伴って増加し,熱媒流量の増加による影響は少ない。熱交換器を網目状のエキスパンドメタルと一体化させて,流下物から保護し撓みなく設置する方法を考案した。エキスパンドメタルと一体化することで熱通過率は約10%低下するものの,高い熱通過率が得られた。側壁間隔との関係では110mmの時の熱通過率が最も大きく,熱通過率0.21kW/(K・m2)以上が計測された。上流端のエキスパンドメタルに遮断板を設置することはゴミ付着防止の観点から有効である。
索引語設置;熱通過率;熱交換特性;熱交換器;熱;増加;エキスパンドメタル;シート状熱交換器;農業用水路;設置方法
引用文献数16
登録日2019年08月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat