UAV空撮画像を用いた地すべり防止施設(水路工)の点検の試み

UAV空撮画像を用いた地すべり防止施設(水路工)の点検の試み

レコードナンバー927491論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20551324NACSIS書誌IDAA12778680
著者名紺野 道昭
吉迫 宏
井上 敬資
正田 大輔
中里 裕臣
原田 耕平
書誌名農研機構研究報告. 農村工学研究部門 = Bulletin of the NARO, Rural Engineering
別誌名農村工学研究部門研究報告
Bull. NARO, Rural Eng
発行元農業・食品産業技術総合研究機構農村工学研究部門
巻号,ページ3号, p.43-60(2019-03)ISSN24326674
全文表示PDFファイル (4719KB) 
抄録本報告は,地すべり防止施設点検の現地作業の効率化・省力化を目的として,千葉県房総半島の地すべり地である細尾横根地区において,小型UAVを用いた空撮画像を利用して水路工の機能診断を試みたものである。現地作業の効率化・省力化に関しては,飛行時間は短時間であったが,準備等に時間を要し通常の点検より短時間とは言えなかった。点検精度に関しては,平均高度50m・地上解像度20mmの画像により,水路が埋没する等の明らかな変状や数cm程度までのコンクリート構造物のずれが点検可能であった。しかし,植物の下,地下部,日陰については,点検が不可能,或いは点検しにくかった。それらを点検する技術の開発が今後必要と考えられる。
索引語点検;水路工;効率化;省力化;現地作業;本報告;地すべり防止施設点検;千葉県房総半島;地すべり地;細尾横根地区
引用文献数15
登録日2019年08月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat