海藻群落の優占種の差異がクロアワビとメガイアワビの再生産と成長に与える影響

海藻群落の優占種の差異がクロアワビとメガイアワビの再生産と成長に与える影響

レコードナンバー927663論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名清本 節夫
渡邉 庄一
前野 幸男
吉村 拓
玉置 昭夫
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ67巻・ 1号, p.65-79(2019-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (4254KB) 
抄録藻場の変化がアワビの成長と再生産に及ぼす影響を把握するために,長崎県沿岸の5タイプの海藻群落(ノコギリモク群落,アラメ群落,クロメと複数のホンダワラ類の群落,ワカメ・アカモク群落,多種のホンダワラ類から構成される群落)において採集されたクロアワビとメガイアワビの,2種の肥満度(足部湿重量に基づくCIFと,軟体部重量に基づくCIS),生殖腺熟度指数,雌の孕卵数,4歳時の殻長を比較した。両種のメスの生殖腺熟度指数,孕卵数,殻長と,クロアワビのCISでは藻場間による有意な差が見られ,近年の海藻群落の変化は両種の再生産と成長に影響を与えると考えられた。また,多くの指標で,クロアワビではノコギリモク群落よりもワカメ・アカモク群落で値が高いのに対し,メガイアワビでは逆の傾向があることから,増殖対象種選定には海藻群落タイプの違いも考慮する必要がある。
索引語クロアワビ;メガイアワビ;海藻群落;再生産;成長;影響;ホンダワラ類;群落;変化;ワカメ
引用文献数58
登録日2019年09月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat