福岡県豊前海における網袋を用いたアサリの育成

福岡県豊前海における網袋を用いたアサリの育成

レコードナンバー927704論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20526842NACSIS書誌IDAA1269198X
著者名野副 滉
大形 拓路
俵積田 貴彦
惠崎 摂
黒川 皓平
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告 = Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ29号, p.9-15(2019-03)ISSN 
全文表示PDFファイル (3707KB) 
抄録福岡県豊前海において,低コスト稚貝育成装置「かぐや」で生産したアサリ初期稚貝を,食害や波浪による逸散を防止し,一定の産卵量を得ることができる殻長30mmまで育成するために,網袋を用いた育成手法について検討した。網袋について,目合いや基質等の各種試験を行った結果,目合い4mmのラッセル網袋に基質として砂利を入れることで,アサリを長期間良好に育成することが可能であった。育成に適した地盤高の検討では,+1.0mと+1.5mで成績が良いことから,陸域から近く,管理の行いやすい場所での育成が適当であると考えられた。稚貝の収容に関しては,成長・生残が得られ,かつ多くの稚貝を収容できる密度は2,000個/袋で,収容時期に関しては,春,秋ともに良好な結果が得られたことから,年2回の育成が可能であることが確認された。
索引語育成;網袋;アサリ;福岡県豊前海;稚貝;収容;検討;基質;結果;低コスト稚貝育成装置
引用文献数24
登録日2019年09月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat