十勝平野北東部におけるエゾシカ生息数の年変動とミズナラ造林木への食害

十勝平野北東部におけるエゾシカ生息数の年変動とミズナラ造林木への食害

レコードナンバー927795論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00006960NACSIS書誌IDAN00055178
著者名南木 大祐
井上 幸子
緒方 健人
久保田 勝義
長 慶一郎
中村 琢磨
村田 秀介
山内 康平
田代 直明
菱 拓雄
智和 正明
内海 泰弘
書誌名九州大学農学部演習林報告 = Bulletin of the Kyushu University Forest
発行元[九州大學農學部附属演習林]
巻号,ページ99号, p.22-25(2018-03)ISSN04530284
全文表示PDFファイル (594KB) 
抄録エゾシカは天然林や人工林の稚樹を食害することが知られているが,その生息数と造林木の食害状況の長期変動は十分には明らかにされていない。そこで十勝平野北東部に位置し,エゾシカの捕獲が断続的に行われてきた九州大学農学部附属北海道演習林において,エゾシカの捕獲数および観察数の年変動とミズナラ造林木への食害頻度の年変動を長期的に調査した。その結果,エゾシカの観察数は捕獲開始後直ちに減少し,7年間の休猟期間の後に増加した。ミズナラ造林木への食害頻度は長期的には大きく変動していたが,エゾシカの休猟期が始まった直後に増加し全てのミズナラ稚樹が消失した。
索引語エゾシカ;年変動;ミズナラ造林木;食害;十勝平野北東部;食害頻度;増加;稚樹;造林木;食害状況
引用文献数11
登録日2019年10月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat