福岡演習林の見本林(2)

福岡演習林の見本林(2)

レコードナンバー927799論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00006960NACSIS書誌IDAN00055178
著者名榎木 勉
井上 幸子
大崎 繁
扇 大輔
緒方 健人
南木 大祐
壁村 勇二
久保田 勝義
古賀 信也
内海 泰弘
書誌名九州大学農学部演習林報告 = Bulletin of the Kyushu University Forest
発行元[九州大學農學部附属演習林]
巻号,ページ100号, p.24-28(2019-03)ISSN04530284
全文表示PDFファイル (1246KB) 
抄録九州大学農学部附属演習林福岡演習林の第9次森林管理計画書(2015~2024年度)において設定された見本林のうち,クスノキ見本林,外国産ヒノキ科見本林,ヒノキ見本林,高田外国産樹種見本林における調査区の設置および林分調査を行った。クスノキ見本林の調査区(400m2)では,胸高断面積合計の91%をクスノキが占めた。37本のクスノキの平均胸高直径は42.0cmで,稚樹は見られなかった。外国産ヒノキ見本林では,コウヨウザンが18本,ランダイスギが7本生残していた。それぞれ平均胸高直径は33.4cm,32.0cm,平均樹高は19.7m,20.6mであった。ヒノキ見本林は,立木密度が425本/ha,胸高断面積合計が64.2m2/ha,平均胸高直径が43.7cm,平均樹高が25.6mであった。高田外国産樹種見本林には,胸高周囲長15cm以上の樹木が75種2955本生育していた。これは1935年の見本林整備当時と比較すると,樹種数で七分の一以下,個体数で約半分程度であった。
索引語見本林;クスノキ見本林;平均胸高直径;クスノキ;ヒノキ見本林;高田外国産樹種見本林;調査区;胸高断面積合計;平均樹高;コウヨウザン
引用文献数6
登録日2019年10月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat