共乾施設における荷受能力増強システムについての研究

共乾施設における荷受能力増強システムについての研究

レコードナンバー927858論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20515375NACSIS書誌IDAA12654054
著者名稲葉 繁樹
中谷 紘志
園田 佳弘
山口 和宏
成田 稔典
香月 正美
書誌名農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
発行元農業食料工学会
巻号,ページ81巻・ 3号, p.183-192(2019-05)ISSN2188224X
全文表示PDFファイル (2602KB) 
抄録佐賀県は共同乾燥調製貯蔵施設(以下,共乾施設)の普及率が80%以上となっている。しかしながら,荷受計量システムに課題があり,計画処理量に対して半分程度の荷受能力しか出ていない。これは,荷受時に農家毎の納入分確定のため,待ち時間等が設定されていることが大きな要因である。この課題を解決するため,荷受能力増強システムが開発されたため,本研究ではこのシステムの検証試験を行った。その結果,共乾施設の設備に大きな改造を施すことなく,本システムを用いた麦・米の荷受において従来の能力の2倍,即ち荷受効率100%近くでの荷受ができることが判明した。
索引語共乾施設;荷受能力増強システム;荷受;課題;システム;能力;研究;荷受能力;佐賀県;共同乾燥調製貯蔵施設
引用文献数6
登録日2019年10月11日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat