異なる屋根形状および屋根面方位がハウス内上部の冬季散乱光量に与える影響

異なる屋根形状および屋根面方位がハウス内上部の冬季散乱光量に与える影響

レコードナンバー927893論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020518NACSIS書誌IDAA12010914
著者名阿部 公海
東海林 孝幸
長田 貴将
熊崎 忠
大月 裕介
大石 直記
書誌名植物環境工学
別誌名Journal of Science and High Technology in Agriculture
J.SHITA
Journal of Society of High Technology in Agriculture
発行元日本植物工場学会
巻号,ページ31巻・ 2号, p.92-100(2019-06)ISSN18802028
全文表示PDFファイル (2254KB) 
索引語屋根面方位;屋根形状;冬季;積算散乱光量;依存;もつハウス;共;出現時刻;このこ;散乱光量
引用文献数17
登録日2019年10月11日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat