着果促進剤および遮光がミニトマト夏秋栽培におけるつやなし果の発生に及ぼす影響

着果促進剤および遮光がミニトマト夏秋栽培におけるつやなし果の発生に及ぼす影響

レコードナンバー928029論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名上藤 満宏
川口 岳芳
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ18巻・ 3号, p.259-267(2019-07)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (1401KB) 
抄録ミニトマト夏秋栽培におけるつやなし果の発生を抑制するため,着果促進剤(4-CPA)および遮光がつやなし果の発生に及ぼす影響について調査した。4-CPA処理におけるつやなし果発生率は,5~12%であり,無処理の22~39%と比較して有意に低かったことから,4-CPA処理は,つやなし果の発生抑制技術として有効と考えられた。また,遮光処理によって施設内の昇温を抑制した遮光区および調光区のつやなし果の発生率は7および9%であり,無遮光区の15%と比較して有意に低く,つやなし果の発生が最も多い9月の可販果収量は遮光処理した遮光区および調光区が株当たり0.8および1.0kgであり,無遮光区の0.4kgと比較して有意に多かった。これらのことから,遮光による昇温抑制は,つやなし果の発生抑制技術として有効と考えられた。遮光処理の方法について,強日射時のみ遮光する方法は,つやなし果の発生抑制効果に加えて,常時遮光する方法と比較して可販果収量が一時的に増加したことから,つやなし果の発生を抑制しつつ常時遮光による減収を回避する方法として有効であると考えられた。
索引語つやなし果;発生;遮光;遮光処理;比較;方法;遮光区;調光区;無遮光区;可販果収量
引用文献数27
登録日2019年11月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat