準天頂衛星システムを利用したロボットトラクタのナビゲーション(1)

準天頂衛星システムを利用したロボットトラクタのナビゲーション(1)

レコードナンバー928113論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20515375NACSIS書誌IDAA12654054
論文副題精密単独測位方法のロボットトラクタへの応用
著者名王 昊
野口 伸
書誌名農業食料工学会誌 = Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers
発行元農業食料工学会
巻号,ページ81巻・ 4号, p.250-255(2019-07)ISSN2188224X
全文表示PDFファイル (699KB) 
抄録日本の準天頂衛星システム(QZSS: Quasi-Zenith Satellite System)より提供されるLEX(L-band Experiment)信号を利用したPPP(Precise Point Positioning)をロボットトラクタへ適用した。QZSSはLEX信号を送信することでセンチメートル級の測位精度を実現している。PPPは多くの利点を有しているが,“位置同定の曖昧さ”(ambiguity)に精度が制限されている。静的測位試験と動的測位試験より,PPPは同じ地点で異なる結果に収束することと,収束後にドリフトすることが明らかになった。PPPの制限を克服する地上の目標点に基づく誤差の同定方法を提案し,ロボットトラクタが時速3.6km/hの条件で5cm精度の農作業を実現した。
索引語PPP;ロボットトラクタ;準天頂衛星システム;利用;実現;制限;QZSS;精度;ナビゲーション;精密単独測位方法
引用文献数15
登録日2019年11月14日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat