エストロゲン活性を示す健康食品の検出

エストロゲン活性を示す健康食品の検出

レコードナンバー928276論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名山内 淳
小暮 更紗
堀口 俊英
米澤 加代
谷岡 由梨
古庄 律
竹林 純
東泉 裕子
石見 佳子
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ72巻・ 4号, p.159-163(2019-08)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (303KB) 
抄録健康食品の利用が高まる中,有効性や安全性の検証は欠かせない。食品であるから,安全性の担保は特に注意が必要である。近年エストロゲン活性を有すると考えられる健康食品が市場に登場してきているが,健康食品が有するエストロゲン活性を簡便に検出する方法は現在のところ見当たらない。本研究は,遺伝子発現制御機構の解析に汎用されている培養細胞を用いたDual-Luciferase Reporter Assay(ルシフェラーゼレポーターアッセイ)について,エストロゲン活性を有する健康食品を検出する手法としての妥当性を検討した。ルシフェラーゼレポーターアッセイにおいてエストロゲン活性の高い健康食品は,実験動物を用いた子宮増殖アッセイでも活性が高かった。すなわち本レポーターアッセイ系が健康食品のエストロゲン活性を検出する有効な手法の一つであることが示唆された。
索引語健康食品;エストロゲン活性;検出;安全性;手法;中;食品;子宮増殖アッセイ;活性;本レポーターアッセイ系
引用文献数14
登録日2019年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat