促成ナスにおけるスワルスキーカブリダニとタバコカスミカメを用いたミナミキイロアザミウマとタバココナジラミ防除の検討

促成ナスにおけるスワルスキーカブリダニとタバコカスミカメを用いたミナミキイロアザミウマとタバココナジラミ防除の検討

レコードナンバー928645論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20532068NACSIS書誌IDAA12712955
著者名柳田 裕紹
桐明 紗織
國丸 謙二
書誌名福岡県農林業総合試験場研究報告
別誌名Bull. Fukuoka Agric. For. Res. Cent
福岡農林総試研報
発行元福岡県農林業総合試験場
巻号,ページ2号, p.46-51(2016-03)ISSN21894876
全文表示PDFファイル (1488KB) 
抄録福岡県の促成ナスにおける天敵を利用したミナミキイロアザミウマとタバココナジラミの防除体系を検討するために,ケージを用いた密度抑制効果試験と農林業総合試場内のビニルハウスを用いた防除体系試験を実施した。ケージを用いた試験では,ミナミキイロアザミウマとタバココナジラミバイオタイプQが寄生したナス苗を用いて,タバコカスミカメ単独放飼区,スワルスキーカブリダニ単独放飼区,両種併用区及び無放飼区を設けて,密度抑制効果を検討した。場内ビニルハウスでの試験では,これら2種天敵と薬剤を組み合わせた試験区と薬剤のみの対照区を設けて防除効果を検証した。その結果,ケージを用いた試験では,タバコカスミカメとスワルスキーカブリダニを併用することで両種害虫に対して高い防除効果が得られた。場内ビニルハウスでの試験においても,2種天敵と薬剤を組み合わせた試験区は,薬剤の使用回数を対照区の1/3に削減してもミナミキイロアザミウマによる傷果の発生が認められず,対照区よりも防除効果が高かった。以上のことから,促成ナスにおいて,タバコカスミカメとスワルスキーカブリダニの併用はミナミキイロアザミウマとタバココナジラミバイオタイプQに対し,高い防除効果を示し,総合防除体系の確立のための重要な資材となることが示唆された。
索引語ミナミキイロアザミウマ;試験;タバコカスミカメ;薬剤;防除効果;促成ナス;検討;ケージ;対照区;併用
引用文献数22
登録日2020年02月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat