多孔質ろ材の洗浄がアンモニア酸化活性とアンモニア酸化微生物に及ぼす影響

多孔質ろ材の洗浄がアンモニア酸化活性とアンモニア酸化微生物に及ぼす影響

レコードナンバー930111論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名今井 正
坂見 知子
高志 利宣
森田 哲男
今井 智
山本 義久
岡 雅一
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ67巻・ 3号, p.233-240(2019-09)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (1035KB) 
抄録ろ材の洗浄がアンモニア酸化活性とアンモニア酸化微生物に及ぼす影響を調べた。実験には人工海水中で硝化微生物を付着させた多孔質ろ材を用いた。閉塞したろ材は洗浄によりアンモニア酸化活性が2倍以上増大した。人工海水で洗浄したろ材のアンモニア酸化活性は洗浄前の92%に低下した。ろ材中のアンモニア酸化古細菌とアンモニア酸化細菌の現存量は,それぞれ94%と86%に減少した。洗浄水には15%のアンモニア酸化活性があった。洗浄水から両アンモニア酸化微生物が検出されたことは,洗浄したろ材からの流出に由来すると考えられた。生物ろ過槽の運用環境と10℃異なる水でろ材を洗浄してもアンモニア酸化活性の低下は10%未満であった。淡水で洗浄したろ材のアンモニア酸化活性は約25%減少し,水道水に浸漬した状態ではアンモニア酸化活性は91%低下した。アンモニア酸化活性を最適な効率で維持するために,洗浄に使用する水は生物ろ過槽の運用条件に従うべきである。
索引語アンモニア酸化活性;洗浄;材;洗浄水;水;低下;アンモニア酸化微生物;多孔質ろ材;影響;ろ材
引用文献数15
登録日2020年03月25日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat