「北海道イネ」の成立

「北海道イネ」の成立

レコードナンバー930695論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014131NACSIS書誌IDAN00348744
著者名藤野 賢治
書誌名北農
発行元北海道農事試驗場北農會
巻号,ページ86巻・ 4号, p.351-354(2019-10)ISSN00183490
全文表示PDFファイル (1261KB) 
抄録昨今,北海道米は良食味品質であることから日本における重要な稲作地域としての地位を確立した。我々が食するコメ(米)は,イネ(稲)の収穫産物である。一度コメとなると生産した地域のコメと他産地のコメとの識別は困難となる。しかしながら,圃場で生育している植物体イネは,圃場の地位(緯度,経度)およびイネの品種により明瞭な識別が可能である。現在,日本の各地で良食味米の品種開発が行われている。その結果,栽培しようとする生産地の気候条件に最適化され,「特A」評価となる多くの品種が日本各地で開発され,栽培されることになった。筆者らは,北海道で栽培される品種の特徴について「遺伝子」レベルでの研究に取組んでいる。今回,遺伝学的研究によって北海道イネの特徴を明らかにすることに成功した。北海道への愛着から「北海道米」と呼称されるが,科学的にも遺伝子の特徴から「北海道イネ」が定義づけられた。
索引語北海道イネ;コメ;品種;栽培;特徴;北海道;イネ;日本;北海道米;地位
引用文献数4
登録日2020年06月12日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat