農業用ダムにおける非灌漑期の水管理の工夫による小水力発電の効率化

農業用ダムにおける非灌漑期の水管理の工夫による小水力発電の効率化

レコードナンバー930805論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032453NACSIS書誌IDAA12221567
著者名上田 達己
後藤 眞宏
浪平 篤
廣瀬 裕一
書誌名水土の知
別誌名Water, land and environmental engineering
農業農村工学会誌
水土の知
発行元農業農村工学会
巻号,ページ82巻・ 4号, p.293-296(2014-04)ISSN18822770
全文表示
抄録農業用ダムの主要な役割は,下流受益地の各時期の水需要に応じた農業用水の供給であり,放流量の季節変化が一般的に大きい。他方で,水力発電を行う立場からは,一般に放流量および落差を極力一定に保つことで効率の良い発電ができる。したがって,灌漑水供給のための水管理と効率的な水力発電のための水管理の方針は,相反する場合がある。本報は,農業用ダムにおいて,これら2つの相反する目的を調整し,小水力発電の効率化を目的とする水管理の手法を提示し,事例分析を行った。その結果,とくに非灌漑期に極力定常的な放流・発電を行うことによって,設備利用率の向上や単位発電量当たり建設費の削減が可能であると考えられた。
索引語水管理;農業用ダム;発電;小水力発電;効率化;非灌漑期;水力発電;放流量;一定;工夫
引用文献数3
登録日2020年07月02日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat