かき殻骨材モルタルの圧縮強度に及ぼす高炉スラグ混合セメントの効果

かき殻骨材モルタルの圧縮強度に及ぼす高炉スラグ混合セメントの効果

レコードナンバー930838論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032779NACSIS書誌IDAA12240517
著者名Islam M.R.
石黒 覚
書誌名農業農村工学会論文集
別誌名Irrigation, drainage and rural engineering journal
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering
発行元農業農村工学会
巻号,ページ294号, p.19-24(2014-12)ISSN18822789
全文表示
抄録カキ殻モルタルと川砂モルタルの圧縮強度に及ぼす高炉スラグ微粉末の影響に関して,スラグ粉末度や混入率の相違,セメント種類,混和剤使用などの観点から調べた。湿潤養生供試体の材齢3,7,28および91日の圧縮強度を測定した。スラグはセメントの85%まで置換することができ,カキ殻モルタルの強度は,75%置換において最大となった。スラグ混入の川砂モルタルの強度は,スラグ無混入のものに比べて初期では減少し,長期では約17%増加した。カキ殻モルタルの強度は,スラグ混入の有無にかかわらず,混和剤の使用により増加した。カキ殻骨材は細骨材として利用でき,スラグ混入により圧縮強度は増加することがわかった。
索引語カキ殻モルタル;強度;圧縮強度;スラグ混入;増加;スラグ;川砂モルタル;置換;湿潤養生供試体;混入
引用文献数15
登録日2020年07月02日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat