世界のフードセキュリティの展開とシフトする穀物等の国際市場構造

世界のフードセキュリティの展開とシフトする穀物等の国際市場構造

レコードナンバー930991論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013525NACSIS書誌IDAN10358482
著者名古橋 元
小泉 達治
草野 栄一
書誌名開発学研究
別誌名Journal of agricultural development studies
日本国際地域開発学会開発学研究
発行元日本国際地域開発学会
巻号,ページ30巻・ 2号, p.7-19(2019-12)ISSN09189432
全文表示PDFファイル (4064KB) 
抄録2007-2008年における資源・穀物等の価格高騰を機に,再度,国際的に注目された「食料安全保障」は,農業・農村・食料等の国際会議や主要国首脳会議等において,しばしば議論されている。「食料安全保障」については,国際的に包括的な考え方はあるものの,各国の政策担当者や研究者にとって,議論の余地があり,輸出国や輸入国等の立場から課題が提起されている。日本語の「食料安全保障」と英語による「フードセキュリティ」の完全な互換性には違和感があるとの見方があり,本稿では「食料安全保障」ではなく,「フードセキュリティ」を対象とした。また,本稿でフードセキュリティの概念が,第2次世界大戦終結前から国際会議等の場でどのように議論され,現在までに定義されたのか,経緯を紐解き,最近では新たに,「栄養」がフードセキュリティと併記され,気候変動の影響や栄養不良人口の推移,SDGsへの対応等の議論について言及した。また,2000年代から2010年代にかけて,穀物等の国際価格が高値圏にあった要因の一つである新興国の台頭と国際市場の構造的変化について,穀物および大豆に注目して検討を行った。各国・地域は,新興国にシフトしつつある市場構造を背景に,多様化する各国・地域の食料巡る環境の中で,国際的なフードセキュリティの議論に積極的に参加・協力しつつ,それぞれに議論を進めてフードセキュリティを定義していくことが必要である。
索引語フードセキュリティ;議論;穀物;食料安全保障;シフト;食料;注目;国際会議;定義;地域
引用文献数60
登録日2020年07月09日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat