クライゼル水槽を用いたイセエビ幼生の飼育時の水流と光環境

クライゼル水槽を用いたイセエビ幼生の飼育時の水流と光環境

レコードナンバー931081論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名松田 浩一
阿部 文彦
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ67巻・ 4号, p.377-385(2019-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (2127KB) 
抄録イセエビのフィロソーマ幼生の飼育技術の向上を目的として,クライゼル水槽(容量31l)を用いて初期幼生と中期幼生を飼育した時の成長と生残に及ぼす水流の強さと光条件の影響について検討した。3条件の水流の強さ(水槽下部の流速が3-5,6-7,8-9cm/s)でふ化幼生と154日令幼生を1か月間飼育したところ,水流が強いほど生残率が高くなった。成長には水流の3条件間で有意差は見られなかったものの,実験終了時の体長は水流が強いほど大きい傾向が見られた。また,ふ化幼生と47日令幼生を照度が異なる2条件(水槽中央部の照度が1.3,2.2μmol/m2/s)で1か月間飼育したところ,低照度で飼育した方が幼生の体長は有意に大きかった。以上のことから,クライゼル水槽でイセエビ幼生を飼育する場合には,流速を8-9cm/s,照度を1.3μmol/m2/sに設定することが有効であることと判断された。これらの条件で飼育成績が良かった要因として,幼生が水槽内で広く分散していたことが考えられた。
索引語水流;クライゼル水槽;幼生;飼育;照度;イセエビ幼生;成長;強さ;流速;ふ化幼生
引用文献数43
登録日2020年07月09日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat