Sentinel-2画像を用いた水田の塩類化土壌の抽出と稲作収量との関係

Sentinel-2画像を用いた水田の塩類化土壌の抽出と稲作収量との関係

レコードナンバー931099論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011894NACSIS書誌IDAN10164125
論文副題タイ東北部マハサラカム県の事例
著者名河野 達也
長澤 良太
書誌名システム農学
別誌名Journal of the Japanese Agricultural Systems Society
発行元システム農学会
巻号,ページ35巻・ 2号, p.25-32(2019-10)ISSN09137548
全文表示
抄録農作物の収量に大きな影響を与え、現在も拡大し続けている塩類化土壌を抽出するためには、衛星画像データを用いて時空間的に解析することが効果的である。タイ東北部は長年にわたり塩類化土壌の影響に悩まされており、主要農作物である稲の持続可能な栽培を困難にしている。本研究では、現地調査によって収集した水田土壌の塩類測定データとSentinel-2データの画像解析を用いて塩類化土壌の抽出手法を検討し、さらに塩類化の稲作収量へ与える影響について解析を行った。土壌調査では塩類化に係わる電気伝導度(EC1:5)と水素イオン値(pH1:5)の2項目を測定し、画像解析によって土壌ECマップと士壌pHマップを作成した。前者では総合精度83.67%、Kappa係数0.47、後者では総合精度81.63%、Kappa係数0.12の精度で分類された。これら2つのマップを重ね合わせて潜在的塩類化マップを作成し、水田の塩類化土壌の抽出を行った。一方、稲作収量レベルの空間分布を把握するために、稲作収量データと稲作栽培期間における正規化植生指数(NDVI)との相関関係を調べた。最も高い相関を示した穂ばらみ期に該当する2016年10月6日のNDVI値から稲作収量レベルのマップを作成した。潜在的塩類化マップと稲作収量レベルのマップより分布の特徴を比較したところ、塩類化土壌地域では非塩類化土壌地域よりも稲作収量が低くなっており、特に河川や池等の水域に近接するエリアでその傾向が顕著に認められた。
索引語塩類化土壌;稲作収量;抽出;マップ;影響;作成;稲作収量レベル;塩類化;水田;解析
引用文献数15
登録日2020年07月09日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat