沖縄県の伝統野菜「島ニンジン」(Yellow Oriental Carrot, Daucus carota subsp. sativus)における収穫後の緑化防止に関する検討

沖縄県の伝統野菜「島ニンジン」(Yellow Oriental Carrot, Daucus carota subsp. sativus)における収穫後の緑化防止に関する検討

レコードナンバー931107論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名前田 剛希
広瀬 直人
恩田 聡
山下 大作
高江洲 賢文
玉城 盛俊
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ45巻・ 5号, p.209-214(2019-09)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (1202KB) 
抄録棚もち中に発生する島ニンジンの緑化は,曝光が原因であり,遮光あるいは低温下で抑制されることが明らかになった。MA包装による島ニンジンの緑化防止効果を検討した結果,島ニンジンは,有孔のOPP袋に包装すると,常温で曝光開始後24時間では緑化の進行が確認されるが,MA包装すれば緑化を抑制可能であることが明らかになった。島ニンジンは緑化することで味も香りも低下するが,MA包装で緑化防止することで,冷暗貯蔵した島ニンジンと同程度に味も香りも維持できることが明らかになった。
索引語島ニンジン;緑化;MA包装;緑化防止;検討;収穫後;味;香り;曝光;低温下
引用文献数15
登録日2020年07月09日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat