青森県におけるメロンおよびキュウリ炭腐病の発生

青森県におけるメロンおよびキュウリ炭腐病の発生

レコードナンバー931140論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名岩間 俊太
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ70号, p.53-58(2019-12)ISSN0368623X
全文表示PDFファイル (1324KB) 
抄録2017年6~8月,青森県つがる市のメロン栽培圃場1か所および五所川原市のキュウリ栽培圃場1か所において,根部の飴色~黒変腐敗を伴う萎凋・立ち枯れ症状の発生が確認された。被害株の根部の表皮内には直径0.1mm程度で黒色の微小菌核が多数形成されている場合もあれば変色腐敗のみの場合もあり,後者では室温で湿室状態に1週間程度保つことで微小菌核の形成が観察された。定法により病原菌を分離し,形態および生育温度特性を明らかにするとともに,培養した病原の土壌混和によるメロンおよびキュウリ苗への接種を行った。その結果,両作物に発生した症状は,Macrophomina phaseolinaによるメロンおよびキュウリ炭腐病であることが判明した。これらの病害は2001年に岡山県で国内初確認されているが,青森県での発生確認は本事例が初めてである。
索引語メロン;発生;根部;微小菌核;青森県;キュウリ炭腐病;確認;青森県つがる市;メロン栽培圃場1か所;キュウリ栽培圃場1か所
引用文献数12
登録日2020年07月09日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat