接触理論に基づく球要素間接触面回転剛性を備える個別要素法による一次元圧縮試験

接触理論に基づく球要素間接触面回転剛性を備える個別要素法による一次元圧縮試験

レコードナンバー931279論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032779NACSIS書誌IDAA12240517
著者名瀬戸内 秀規
書誌名農業農村工学会論文集
別誌名Irrigation, drainage and rural engineering journal
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering
発行元農業農村工学会
巻号,ページ298号, p.I_133-I_146(2015-08)ISSN18822789
全文表示PDFファイル (5248KB) 
抄録本研究は,球要素間接触面におけるHertzの応力・変位分布から誘導された接触理論に基づく球要素間接触面回転剛性を個別要素法に適用して,粒状体の一次元圧縮剛性に与える球要素間,つまり粒子間接触面回転剛性の効果を明らかにしたものである。粒子間接触面回転剛性は,粒状体の力学剛性を支配する粒子骨格構造の強度を高め,ひいては圧縮剛性を高める効果があることが明らかとなった。また,粒子間接触面回転剛性の効果は,粒子間で回転し易い角張りの少ない粒子の場合,接触面積が大となる高圧領域の拘束圧条件および低弾性粒子の材料条件の場合に顕著となることが分かった。これらの成果は,広範な拘束圧および材料などの試験条件に適用し得る粒状体解析を対象とする個別要素法の高度化推進に資するものと考えられる。
索引語個別要素法;粒子間接触面回転剛性;効果;接触理論;球要素間接触面回転剛性;粒状体;適用;場合;圧縮剛性;一次元圧縮試験
引用文献数26
登録日2020年07月30日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat