アマ(Linum usitatissimum L.)品種の分枝特性と栽植間隔に対する反応

アマ(Linum usitatissimum L.)品種の分枝特性と栽植間隔に対する反応

レコードナンバー931504論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014890NACSIS書誌IDAN00189888
著者名中元 朋実
書誌名日本作物學會紀事
別誌名Proceedings of the Crop Science Society of Japan
Japanese journal of crop science
日本作物学会紀事
発行元日本作物學會
巻号,ページ89巻・ 1号, p.40-45(2020-01)ISSN00111848
全文表示PDFファイル (3444KB) 
外部リンク
抄録アマ(Linum usitatissimum L.)の下位節分枝と花序分枝の数は,栽植密度によって変化し,種子収量を決定する上で重要な収量構成要素である。これらの分枝の発生の品種による違いと栽植間隔に対する反応について調査した。2017年と2018年に,油料アマの品種LirinaとNR2,繊維アマの品種あおやぎとペルノー1号を栽培した。条間を30cmとしてドリル播きした後に,個体の間隔が1cm(密植)と5cm(疎植)となるように間引きを行った。油料アマの2品種は繊維アマの2品種に比べて,茎が短く,全長に占める花序長の割合が高く,さく数が多く,種子収量が高かった。さくをつける下位節分枝は,いずれの品種でも疎植の際にのみみられたが,Lirinaでは他の品種に比べて数が少なかった。主茎の花序分枝数は,あおやぎでは油料アマの2品種より少なかったが,ペルノー1号では油料アマと同程度であった。いずれの品種でも,疎植にすると密植に比べて,主茎の花序分枝数が増加しただけでなく,花序分枝あたりのさく数も増加した。この花序分枝あたりのさく数の増加は,その原因となる二次花序分枝数の増加とともに,油料アマにおいて顕著であった。
索引語品種;疎植;油料アマ;アマ;増加;繊維アマ;いずれ;主茎;栽植間隔;反応
引用文献数24
登録日2020年09月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat