酸化鉄を含む底質の堆積が観察される水田群における鉄とリンの挙動と物質収支

酸化鉄を含む底質の堆積が観察される水田群における鉄とリンの挙動と物質収支

レコードナンバー931549論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032779NACSIS書誌IDAA12240517
著者名武田 育郎
高田 竜之介
宗村 広昭
佐藤 裕和
書誌名農業農村工学会論文集
別誌名Irrigation, drainage and rural engineering journal
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering
発行元農業農村工学会
巻号,ページ301号, p.I_57-I_63(2016-02)ISSN18822789
全文表示PDFファイル (1055KB) 
抄録鉄は流域からのリンの排出に深く関与するにもかかわらず,負荷量の観点からの知見が不足している。本研究では,酸化鉄を含む底質の堆積の見られる水田群において,鉄とリンの年間の物質収支を17ヶ月間調査した。その結果,溶存態の鉄とリンの濃度は低く,鉄とリンの多くは懸濁態の成分として流出していた。年間の正味の排出負荷量は,T-Feでは108.6kg/ha(灌漑期37.3kg/ha,非灌漑期71.3kg/ha),T-Pでは3.40kg/ha(灌漑期1.49kg/ha,非灌漑期1.91kg/ha)であった。水田群ではリンを吸着する鉄が多く存在していたにもかかわらず,リンの水質浄化機能が見られなかった理由として,排水路における底質の水流による剥離・流出が考えられた。したがって,リンの負荷排出の抑制には,リンを多く含む底質の管理が重要であると考えられた。
索引語リン;鉄;底質;水田群;酸化鉄;堆積;物質収支;流出;溶存態;懸濁態
引用文献数24
登録日2020年09月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat