スマートブイを用いたスマート漁業実証実験の取り組み

スマートブイを用いたスマート漁業実証実験の取り組み

レコードナンバー931574論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20041572NACSIS書誌IDAA12598816
著者名井戸上 彰
宇都宮 栄二
書誌名JATAFFジャーナル = JATAFF journal
発行元農林水産・食品産業技術振興協会
巻号,ページ8巻・ 2号, p.13-17(2020-02)ISSN21874948
全文表示
抄録IoTを活用した漁業の効率化,活性化を目的としたスマート漁業の取り組みについて紹介する。スマート漁業では,主に沿岸の定置網漁を対象に,漁場付近の海洋データや気象データと実際の漁獲量を合わせて分析し,海洋データや気象データから漁獲量を予測することを目標としている。海洋データ取得のために導入しているスマートブイの開発経緯や仕様を述べるとともに,宮城県東松島市や三重県尾鷲市で行っている実証実験の概要と実際の水温測定結果例を示しながら,漁獲量予測実現に向けた取り組みを紹介する。
索引語取り組み;スマートブイ;海洋データ;漁獲量;スマート漁業;紹介;気象データ;スマート漁業実証実験;漁業;予測
引用文献数3
登録日2020年09月04日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat