アザラシ被害対策として定置網の金庫網入口に設置した格子網に対するサケの行動

アザラシ被害対策として定置網の金庫網入口に設置した格子網に対するサケの行動

レコードナンバー931679論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035503NACSIS書誌IDAA12359338
著者名櫻木 雄太
小林 基樹
高原 英生
三谷 曜子
書誌名水産技術 = Journal of fisheries technology
発行元水産総合研究センター
巻号,ページ12巻・ 1号, p.17-22(2019-12)ISSN18832253
全文表示PDFファイル (1731KB) 
抄録近年,アザラシによるサケ定置網への漁業被害を減じるため,定置網の金庫網入口に格子網を設置する試みが行われているが,サケに対する影響の検証は十分ではない。そこで,サケの行動観察が容易な屋内の大型水槽で,網目の大きさや色の異なる格子網に対するサケの行動を観察した。その結果,網目一辺が16cmの格子網でサケの忌避行動は多くなる傾向が見られた。また,同じ網目一辺の長さでは白色と金茶色では通過率に有意差は認められないが,接近回数は金茶色で多かったことから,網目一辺18cm以上で金茶色の格子網を用いることでサケの入網率を高められると考えられた。ただし,網目が大きいとアザラシも侵入しやすいため,網目の形状の工夫や被害状況を考慮して設置する必要がある。
索引語サケ;格子網;金庫網入口;設置;網目;行動;定置網;アザラシ;観察;アザラシ被害対策
引用文献数21
登録日2020年09月04日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat