地域リーダーの意思決定に着目した震災復興プロセスの評価

地域リーダーの意思決定に着目した震災復興プロセスの評価

レコードナンバー931795論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032779NACSIS書誌IDAA12240517
論文副題宮城県農地整備(圃場整備)事業地区を事例として
著者名進藤 惣治
稲田 幸三
田高 岳
遠藤 和子
書誌名農業農村工学会論文集
別誌名Irrigation, drainage and rural engineering journal
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering
発行元農業農村工学会
巻号,ページ303号, p.I_259-I_270(2016-12)ISSN18822789
全文表示PDFファイル (1321KB) 
抄録東日本大震災からの復旧・復興事業において,農地整備を行っている宮城県内の地区を中心に調査を行い,津波被災後,営農再開等に向けた合意形成の変遷や,復興の各段階における調整上の課題を抽出し,対応事例を整理することを試みた。一連の作業を通じ,国等が用意した各種支援策の活用状況・有効性等を検証した。各地区で復旧・復興に大きく寄与した施策は,(1)農業基盤基礎データの整備,(2)地域コミュニティの維持・形成,(3)国や自治体からの目標の提示と,(4)国等からの補助金支援を含む外部からの資金,人材,ノウハウ等の導入があげられる。調査を通じ,地域活動を維持し,活発化していくことが,大災害への備えになることが示唆された。
索引語国;復興;復旧;調査;維持;各段階;一連;整備;地域リーダー;意思決定
引用文献数9
登録日2020年09月09日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat