ため池等農業水利施設の放射能汚染の実態と対策

ため池等農業水利施設の放射能汚染の実態と対策

レコードナンバー932041論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032453NACSIS書誌IDAA12221567
著者名柵木 環
青山 健冶
二平 聡
菊池 裕貴
福田 晃
書誌名水土の知
別誌名Water, land and environmental engineering
農業農村工学会誌
水土の知
発行元農業農村工学会
巻号,ページ83巻・ 8号, p.647-652(2015-08)ISSN18822770
全文表示
抄録福島県は,東日本大震災による地震,津波被害のみならず,東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故に伴う放射性物質による深刻かつ多大な被害を受けている。ため池や水路等農業水利施設にも放射性物質が堆積し,利用・管理への支障が生じていることから,農林水産省は福島県,市町村,土地改良区等の協力のもと,農業水利施設の放射能汚染の実態を把握するとともに,影響を低減する対策について検討を進めてきた。本報では,これまでの放射性物質調査結果をもとに,農業水利施設の汚染や利用管理への支障の実態を報告するとともに,放射性物質による影響を低減する対策の取組みについても紹介する。
索引語農業水利施設;実態;対策;放射性物質;ため池;放射能汚染;福島県;支障;影響;低減
引用文献数5
登録日2020年09月30日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat