大区画水田における移植栽培と直播栽培の用水量の比較

大区画水田における移植栽培と直播栽培の用水量の比較

レコードナンバー932059論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032779NACSIS書誌IDAA12240517
著者名越山 直子
酒井 美樹
伊藤 暢男
中村 和正
書誌名農業農村工学会論文集
別誌名Irrigation, drainage and rural engineering journal
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering
発行元農業農村工学会
巻号,ページ304号, p.I_7-I_14(2017-06)ISSN18822789
全文表示
抄録北海道雨竜郡妹背牛町の地下水位制御が可能な大区画水田圃場を対象として,湛水位および地下水位の観測を行った。無代かき湛水直播栽培,移植栽培,乾田直播栽培を行ったときの同一圃場の用水量を比較した結果,以下のことが明らかになった。1)移植栽培と直播栽培では,代かきの有無により地下水位変動の傾向が異なるが,浸透量の差は小さかった。2)用水量と有効雨量の和である供給水量は,近傍の地下水位が比較的高く,浸透量が小さいことから,栽培方式ごとの差は10~30%であった。3)直播栽培における浅水管理期の用水量は,移植栽培の代かき用水量に匹敵する。4)移植栽培と直播栽培の中干しが同時期に開始される場合,直播栽培の普及がさらに進むと,中干し後の再取水の用水需要の集中が緩和される可能性がある。
索引語移植栽培;直播栽培;用水量;大区画水田;比較;地下水位;差;浸透量;栽培;無代かき湛水直播栽培
引用文献数12
登録日2020年09月30日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat