日本海側水田転換ほ場での土壌物理性の変化と露地野菜の機械化作業体系

日本海側水田転換ほ場での土壌物理性の変化と露地野菜の機械化作業体系

レコードナンバー932084論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015067NACSIS書誌IDAN00386823
著者名佐藤 麻衣
田邊 大
進藤 勇人
中川 進平
齋藤 雅憲
片平 光彦
書誌名農作業研究
別誌名Japanese journal of farm work research
Farm work research : journal of Farm Work Society of Japan
発行元日本農作業研究会
巻号,ページ182号, p.23-33(2020-03)ISSN03891763
全文表示
外部リンク
抄録本報は日本海側での水田の高度利用による生産者の粗収益増加を目的に,水田転換ほ場に対する排水対策の違いが土壌物理性に与える影響と露地野菜の機械化作業体系を検討した。水田転換ほ場に明渠と弾丸暗渠を施工した試験区(B区)では土壌構造の発達が顕著となり,明渠のみを施工した試験区(A区)と比較して飽和透水係数と畑地化指標が早期に改善した。転換初年目1作めエダマメの莢重収量はA区で935kg/10a,B区で732kg/10aであった。転換初年目2作めキャベツの収量は3,178kg/10aと3,684kg/10aであった。転換2年目サトイモの収量は早どり作型で3,026kg/10aと2,613kg/10a,慣行作型で2,539kg/10aと2,364kg/10aであった。転換3年目ネギの収量は4,464kg/10aと7,107kg/10aであった。日本海側の水田転換ほ場では,粘土質が高く排水性が悪いほ場の場合,弾丸暗渠を施工し畑地化を促進させる必要があるが,埴壌土程度の土性を有するほ場では明渠のみの施工で対応できる可能性がある。排水対策を施した水田転換ほ場では,初年目1作めで砕土性と湿害回避に優れるアップカットロータリを用いたエダマメの耕うん同時畝立て栽培,次いで水田用ハローの利用で畝立て作業を効率化できる小畝立て栽培に適したキャベツなどの作目の導入が有効である。2年目以降は土壌物理性の改善で作土層が拡大するため,サトイモの畝立てマルチ同時移植やネギの溝切り同時側条施肥などの作目と作業技術を適用することでほ場を有効に活用できる。
索引語施工;明渠;収量;ほ場;水田転換ほ場;土壌物理性;弾丸暗渠;試験区;露地野菜;機械化作業体系
引用文献数15
登録日2020年09月30日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat