融着樹脂ネットを用いた獣害防止用侵入防止柵の開発

融着樹脂ネットを用いた獣害防止用侵入防止柵の開発

レコードナンバー932196論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名小出 哲哉
辻井 修
原田 真
竹内 秀騎
福井 敬
河合 真人
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ51号, p.9-14(2019-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (4798KB) 
抄録ワイヤーメッシュ柵に替わり、軽くて丈夫な融着樹脂ネットを用いた獣害防止用侵入防止柵の開発を目的に、融着樹脂ネットの目合の選定及び市販柵との比較、イノシシに対する強度試験、そして現場を用いた実用性の検討を行った。融着樹脂ネットの目合は20mmに比べ30mmが作業性に優れていた。また、融着樹脂ネットは、ダイニーマネット、ステンレスワイヤー入りネット、ワイヤーメッシュと比較して作業性も優れ、見栄え良く設置できた。イノシシに対する強度は、体当たり等にも十分耐えられた。現地試験ではイノシシ用融着樹脂ネットは地際部からの侵入を許した。実用化に向けては、価格が高いことと地際部対策が課題となることから、ワイヤーメッシュ柵の上に融着ネットを使用する方法が有望と示唆された。
索引語目合;融着樹脂ネット;獣害防止用侵入防止柵;開発;イノシシ;比較;作業性;ワイヤーメッシュ柵;ネット;選定
引用文献数8
登録日2020年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat