頭上散水処理によるキクの高温対策効果の検証

頭上散水処理によるキクの高温対策効果の検証

レコードナンバー932219論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013985NACSIS書誌IDAN00381852
著者名渡邊 孝政
平松 裕邦
野村 浩二
新井 和俊
二村 幹雄
書誌名愛知県農業総合試験場研究報告 = Research bulletin of the Aichi-ken Agricultural Research Center
別誌名Research bulletin of the Aichi Agricultural Research Center
発行元愛知県農業総合試験場
巻号,ページ51号, p.131-134(2019-12)ISSN03887995
全文表示PDFファイル (4154KB) 
抄録本研究は、夏季高温期のキク施設栽培において、通常のかん水用に導入された頭上かん水装置を用いて、日中に植物体の頭上から散水を繰り返す処理を実施し、気化冷却法による高温対策技術としての効果を検証した。頭上散水処理により、施設内の気温低下・湿度上昇効果が認められた。また、品種により開花時の草丈が長くなるなど生育への影響が見られた。
索引語頭上散水処理;検証;用いて;キク;高温対策効果;頭上;散水;処理;効果;本研究
引用文献数8
登録日2020年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat