黒潮流路の変動が房総半島東岸の流況に及ぼす影響

黒潮流路の変動が房総半島東岸の流況に及ぼす影響

レコードナンバー932231論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024152NACSIS書誌IDAA1215225X
著者名大畑 聡
書誌名千葉県水産総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Chiba Prefectural Fisheries Research Center
別誌名千葉水総研報
発行元千葉県水産総合研究センター
巻号,ページ13号, p.1-6(2019-03)ISSN18810594
全文表示PDFファイル (4824KB) 
抄録2007-2017年に房総半島東岸の和田地先で観測した流向流速データを解析した結果,11-30日周期の変動が卓越していた。この変動は,本海域の黒潮離岸距離の変動と同調し,黒潮が近づくと南西へ向かう流れ(南西流),離れると北東へ向かう流れ(北東流)が多く発生した。黒潮接岸時に発生する南西流は,風の影響が小さくても強く,単独で急潮を引き起こす要因になっていた。また,この強い南西流の発生には房総半島東岸の海底地形が影響を及ぼしていることが示唆された。
索引語変動;房総半島東岸;影響;流れ;南西流;発生;流;30日周期;黒潮流路;流況
引用文献数7
登録日2020年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat