ため池一斉点検と今後の防災・減災対策

ため池一斉点検と今後の防災・減災対策

レコードナンバー932276論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032453NACSIS書誌IDAA12221567
著者名遠藤 知庸
神馬 勇雄
門口 隆太
書誌名水土の知
別誌名Water, land and environmental engineering
農業農村工学会誌
水土の知
発行元農業農村工学会
巻号,ページ83巻・ 12号, p.1019-1022(2015-12)ISSN18822770
全文表示
抄録農林水産省では,近年の豪雨や地震によるため池の決壊などを踏まえたため池の防災・減災対策の優先順位付けをするため,平成25年度から全国約11万ヵ所のため池の一斉点検を実施している。平成26年度までに完了した81,171ヵ所のため池のうち10,077ヵ所が詳細調査を要するとの結果であったが,点検で用いた数量化II類による地震時における構造的評価について近年のため池の耐震照査結果と比較したところ,ほぼ妥当な水準であった。本報では,これら一斉点検の結果と下流に住宅などのある防災重点ため池を優先したハード対策とソフト対策を進めていくとともに,農村の都市化や担い手の高齢化に伴い利用の低下や管理の脆弱化がみられるため池の広域的な保全・活用など,今後のため池の防災・減災対策を紹介する。
索引語池;防災;減災対策;ため池;結果;一斉点検;点検;防災重点ため池;ため池一斉点検;地震
引用文献数5
登録日2020年10月29日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat