集落ぐるみの獣害対策における住民の行動意図の規定要因

集落ぐるみの獣害対策における住民の行動意図の規定要因

レコードナンバー932286論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032779NACSIS書誌IDAA12240517
論文副題男女の意識構造の相違に着目して
著者名東口 阿希子
星野 敏
橋本 禅
鬼塚 健一郎
書誌名農業農村工学会論文集
別誌名Irrigation, drainage and rural engineering journal
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering
発行元農業農村工学会
巻号,ページ305号, p.I_145-I_157(2017-12)ISSN18822789
全文表示PDFファイル (2017KB) 
抄録集落ぐるみの獣害対策における住民の行動意図に着目し,集合的防護動機モデルを援用することで,男女それぞれの行動意図の規定要因を解明し,有効な普及啓発方法について検討した。滋賀県甲賀市で実施したアンケート調査により,男性は侵入防止柵と追い払いに共通して,脅威認知および効果性認知,責任認知が行動意図の強い規定要因であると示された。女性は侵入防止柵では脅威認知の影響が顕著に強く,追い払いでは脅威認知と実行能力認知,実行者割合認知が強い規定要因であった。また,イノシシの脅威認知およびサルによる自己への脅威認知が行動意図を強く規定するのに対し,シカの脅威認知やサルによる集落への脅威認知の規定力は小さいことが男女で共通していた。男女それぞれについて行動意図の規定要因に適した情報提供を行うことで,普及啓発の効果が向上すると考える。
索引語脅威認知;行動意図;規定要因;集落;獣害対策;住民;男女;侵入防止柵;追い払い;共通
引用文献数16
登録日2020年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat