土地改良区職員を対象とした技術受容に関する心理的プロセスの質的検討

土地改良区職員を対象とした技術受容に関する心理的プロセスの質的検討

レコードナンバー932296論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20032779NACSIS書誌IDAA12240517
著者名大塚 芳嵩
遠藤 和子
國光 洋二
書誌名農業農村工学会論文集
別誌名Irrigation, drainage and rural engineering journal
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering
発行元農業農村工学会
巻号,ページ305号, p.I_233-I_243(2017-12)ISSN18822789
全文表示
抄録GISソフトウェアVIMSの試用実験を事例に,土地改良区職員の技術受容に関する心理的プロセスを質的研究法により検討した。半構造化インタビューにより得られた発話を修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチにより分析した結果,技術受容に関する要因として,<土地改良区が抱える内的要因><土地改良区の背景><技術的要因><開発者からの外的作用><信頼関係>の5つのカテゴリーが生成された。技術受容の仮説を検討した結果,1次的要因として<技術的要因>,2次的要因として<開発者からの外的作用>と<土地改良区が抱える内的要因>,これらの根底にある要因として<土地改良区の背景>があると考えられた。今後土地改良区において技術受容を促進するためには,職員との<信頼関係>を構築し,土地改良区の現状と課題を共有して協力関係を築くことが重要と考えられた。
索引語&lt;土地改良区;技術受容;土地改良区職員;心理的プロセス;要因;検討;結果;内的要因&gt;背景&gt
引用文献数33
登録日2020年10月29日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat