直交集成板用ラミナ(ひき板)の安定供給手法の確立に向けた研究

直交集成板用ラミナ(ひき板)の安定供給手法の確立に向けた研究

レコードナンバー932351論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20570464NACSIS書誌IDAA12849993
著者名大西 裕二
書誌名林業技術総合センター研究報告
発行元宮城県林業技術総合センター
巻号,ページ27号, p.25-35(2018-12)ISSN21859167
全文表示PDFファイル (2852KB) 
抄録宮城県産スギ丸太から直交集成板ラミナを製造し,品質,強度性能や歩留りを調査した。歩留りの良い丸太径級は,採材歩留り,目視及び機械等級区分による利用歩留りとも,末口直径28cmであった。また,機械等級区分が目視等級区分よりラミナ歩留りが良かった。県産スギから製造されたラミナは直交集成板を製造する日本農林規格基準値を満たし,県産スギラミナから製造された直交集成板は日本農林規格の基準値も良く満たした。
索引語製造;直交集成板用ラミナ;歩留り;直交集成板;機械等級区分;直交集成板ラミナ;丸太径級;採材歩留り;利用歩留り;ラミナ
引用文献数7
登録日2020年10月29日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat