ゲノムから見た「スズマル」と「スズマルR」の同質性

ゲノムから見た「スズマル」と「スズマルR」の同質性

レコードナンバー932439論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20574380NACSIS書誌IDAA12869582
著者名小木曽 映里
竹内 徹
山下 陽子
黒崎 英樹
田口 文緒
羽鹿 牧太
書誌名農研機構研究報告 = Journal of the NARO Research and Development
別誌名J. NARO R&D
発行元農研機構
巻号,ページ2号, p.57-62(2019-12)ISSN24349895
全文表示
抄録センチュウ抵抗性ダイズ品種「スズマルR」と反復親の「スズマル」の遺伝的背景の同質性確認のため,全ゲノムリシーケンスを行い,塩基配列を比較した。その結果,「スズマルR」に残存する「スズマル」以外のゲノム断片は,シストセンチュウ抵抗性遺伝子を含む3箇所と,第5染色体末端の3.6Mbの小さな断片のみであることがわかった。第5染色体の断片は,当初導入が試みられていたダイズわい化病抵抗性遺伝子(Rsdv1)領域に近接していた。この断片は,選抜の最終段階で不良形質発現のためRsdv1を「スズマル」型に戻した際に近隣領域に残った導入断片であると考えられた。本研究により,全ゲノムシーケンスによる配列比較により「スズマル」と「スズマルR」の遺伝的背景の高い同質性を明らかにした。全ゲノムリシーケンス解析は,遺伝的背景を詳細に比較可能にする強力なツールであり,DNAマーカーでは検出が困難な小さな導入断片まで特定することで,より精密なピンポイント育種に貢献できると考えられる。
索引語スズマル;遺伝的背景;同質性;導入断片;断片;最終段階;ゲノム;比較;第5染色体;領域
引用文献数11
登録日2020年10月29日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat