20種類のブバルディア品種および系統を用いた正逆交配による交雑能力の評価

20種類のブバルディア品種および系統を用いた正逆交配による交雑能力の評価

レコードナンバー932449論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名宮下 千枝子
大槻 優華
鈴木 克彰
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ19巻・ 2号, p.159-166(2020-04)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (989KB) 
抄録ブバルディアの遺伝資源20品種・系統について交雑能力を評価し,育種素材としての有用性を明らかにした。原種ではBouvardia longiflora 1系統,B. ternifolia 2系統,ハイブリッド系では4倍体4品種,8倍体9品種を供試した。また,4倍体品種からコルヒチン処理により作出した8倍体4系統も加え,計20品種・系統を用いた。種子親には全20品種・系統を,花粉親には花粉を採取できた13品種・系統を用いて相互に交配し,結実率,1果当たり種子数,発芽率,および1花当たり実生数を調査した。交配結果をもとに,雌性または雄性稔性を0~5(無~高)の6段階で,自殖稔性を0~4(無~高)の5段階で評価した。計137組合せの交配を行った結果,68組合せ(50%)で種子が得られ,59組合せ(43%)で発芽実生が得られた。雌性稔性については,18品種・系統で稔性有り(2以上)と確認された。ハイブリッド系4倍体品種では雌性稔性が総じて低かったが,その倍数体(8x)では顕著に稔性が回復した。雄性稔性については,10品種・系統で稔性有り(2以上)と確認された。原種および多くのハイブリッド系8倍体品種は3~5と,中以上の雄性稔性を示した。自殖稔性については,稔性有りと判定されたのは5品種・系統のみであった。倍数体を含めた16品種・系統は,いずれかの稔性が中(3)以上であり,交雑育種を行ううえで有用な素材であると考えられた。
索引語系統;稔性有り;評価;無;自殖稔性;雌性稔性;稔性;雄性稔性;交雑能力;交配
引用文献数17
登録日2020年11月16日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat